味噌麺処太鼓@鹿児島市下荒田(2021221)

基本的に他にラーメンのメニューがある場合、味噌ラーメンを選んで食べることは殆どないのだけれど、鹿児島県でも味噌ラーメンを専門的に出す店が増えてきた。昨年(2020年)10月に鹿児島市下荒田にオープンした味噌麺処太鼓もその一つだ。気にはなっていたのだがなかなか行くチャンスがなく、2021年2月21日にようやく訪問することができた。

13時前の訪問だったがカウンターのみの席は満員。券売機でから味噌らぁめんと味噌らぁめんの食券を購入し店員さんに手渡し、椅子でしばらく待つ。麺の太さ(太麺か中太麺か)とから味噌らぁめんについては辛さ(1~4辛)を選べるとのことで、から味噌らぁめんを頼んだ私は太麺の3辛、味噌らぁめんを選んだ家内は中太麺でそれぞれお願いした。10分ほどで店内奥の席に通され、らぁめんの出来上がりを待つ。麺茹で機で茹で上げられた麺を丼に盛り付け、スープを注ぎ入れその上に炒めたモヤシ、刻んだネギ、ニラ、穂先メンマ、チャーシュー(から味噌らぁめんの場合はさらに糸唐辛子も加わる)を飾り付けて完成。

から味噌らぁめん
味噌らぁめん

今回は主にから味噌らぁめんを味わった。3辛というだけあり結構辛い。もともとの味噌らぁめんの調味は比較的あっさりしているだろうという印象を受けた。味噌は北海道産の白みそと赤みそをブレンドしているとのこと。モヤシはしゃきしゃきで食感が良い。チャーシューはバラ肉でよく味の染みたもの。スープにしっかり浸して温めてから食べると脂身が程よく溶けて旨い。自家製麺だという多加水の太麺は比較的硬めに茹でられている。表面はつるつるしているがモチモチしており食べ応え抜群。また、熱々の状態で提供されたのも好印象。
デフォルトの味噌らぁめん、山椒油を使った痺れ味噌らぁめん、そしてから味噌らぁめんと、3種類のらぁめんを2種類の麺で楽しめるのでその日の気分で色々楽しめそうだ。
店内はしっかり新型コロナウィルスの感染防止対策もなされているし、何よりもおしゃれで清潔。こちらは女性にも受けがいいだろう(実際女性お一人様のお客さんもいらっしゃった)。こちらはまたお邪魔したいと思わされた。ご馳走様でした。

店舗名味噌麺処太鼓
住所鹿児島県鹿児島市下荒田1-6-28 1F
Instagramhttps://www.instagram.com/taiko_misomendokoro
営業時間11:00~15:00
定休日水曜

お店のInstagram→こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。